まるくなる

凡人文系大学生

スーパーの特売品に群がる貧乏人は一生お金の奴隷である

 

毎日の食費を節約するために、買い物は必ずスーパーで済ませる

出来合いの惣菜や弁当を買うなんて言語道断

スーパーの特売品をいち早くゲットするため、チラシのチェックもかかさない

「広告の品」を買うようにしている

 

こんな感じの人、主婦に多いですね。


今回は「広告に左右されているあなたは一生お金の奴隷のまま」だということをお伝えします。

 


本記事の内容

・貧乏人ほど広告に煽られる

・広告に載ってる商品でもせいぜい50円安い程度

・「広告に載っているから買う」のではなく本当に欲しいものを買おう

 

 

 

広告の力って本当にすごいものでして、

 


私自身、スーパーでバイトをしているのですが、「広告の品」はすぐに売り切れてしまいますね。

 


(特にびんちょうまぐろ100g98円のときはものすごい勢いで売れる)

 

 

 

貧乏人ほど広告に煽られる

「先着◯◯名様限定」「本日限り」に弱い貧乏人

広告を見ていると、何だか載っている商品全てが安く見えてしまう。

 


また「先着200名様限定」とか書かれてると「今のうちに買っておかないと!」っていう気持ちになる。

 


1つ買うだけで十分なところを、2つも3つも買ってしまう。  

 


本当に食べるか分からないのに、安いなら買っておこうという思考になる。

 


結局買ったもののやっぱり買いすぎるべきではなかった、と後悔するわけ。

 


後悔しても日にちが経つとすぐに忘れてしまうから、貧乏人はまた食料を買い込んでしまう。

 

 

 

企業は私たちにモノを買わせるようにトラップを仕掛ける

企業はありとあらゆる手で、私たちにモノを買わせるように仕向けてきます。

 


私たちが太るか太らないか、食べすぎて病気になるとか、買ったものの余らせて捨ててしまうとか、その人の口に合うかとか、

 


そんなことは企業にとってはどうでも良いのです。

 


企業はとにかく消費者に買ってもらうことを考えています。

 


資本主義では会社は常にあなたの財布を狙ってるんです。

 

 

 

 


広告を打っている会社にとっても、スーパーにとっても、客にとってもwin-winなわけですが