まるくなる

凡人文系大学生

新本を買うのはやめた。古本かKindleで充分。

f:id:marupika11:20170324213247p:image

 

ブックオフに立ち寄って古本を買ってきました。

 

3冊購入で1800円。欲しい本が安く手に入ってラッキーです。

 

そんな私はジュンク堂紀伊国屋で本を買う機会が大幅に減りました。

それはなぜか?

 

 

本は永遠に持つものではないから

本は基本的に読み終わったらそれで終わり。再度読み返すことがあったとしても、数回程度でしょう。

その本から知識を身に付けたら、次はまた別の新しい本に手を出す。この繰り返し。

 

同じ本をずっと保管し続けていても、置き場所にも限界がありますし、劣化します。

 

どうせ処分することになるなら、安く手に入る古本でいいやと思っています。

 

 

新本は値段が高い

ビジネス書だったら1冊大体1500円くらいでしょうか。

1500円で筆者の考えを吸収できるなら安い!と思えますが、

私には「同じモノを買うなら安いモノを選びたい」という考えがあります。

 

また、Kindleは定期的にセールをやっているので、こっちで買った方が断然安く済むんですよね。Amazonポイントも付きますし。

 

 

分厚い本はKindleで読むに限る

分厚くて場所を取ってしまう本を手軽に読むことができるのがKindleの良い点ですね。

重くて分厚い本はKindleだったらパラパラめくれますし。ストレスフリー。

最近になってからKindleを利用し始めましたが、もっと早く使っておけば良かったなーと思いました。

 

 

さいごに

欲しい本がありすぎてKindleだとポチポチ買っちゃうけどいいよね。勉強であり、投資でもあるからね。うん。(セールの罠にまんまとハマる私)